ED ED治療薬 勃起不全

30代男性がかかえる悩み

30代男性は、会社員としては、中間管理職で上司からのプレッシャーと部下からのヘルプの板挟みでなかなか苦しいポジションですね。
その上、近年の不景気で終身雇用が難しくなってきた日本は、転職か独立か会社にしがみつくか、もしかしてリストラ?など、これからどうする? という最後の選択の時期でもあります。

家庭では、子供がいればいるでお金がかかりだすころとなりお金のプレッシャーに悩まされます。
子供がいなければいないで、嫁に子供ができるリミットが迫ってくるため、嫁や親からの子作りのプレッシャーに疲れてしまいます。

また、家庭がうまくいっているとは限りません。
浮気・家庭内別居・離婚など人生計画が狂う状態の可能性もあります。
とくに浮気探偵調査を付けられ証拠を握られ、慰謝料なんていう話もあります。
さらに、若いころのように無理がきかなくなってくることもあり、健康面に不安をかかえたり、日々のプレッシャーの連続が精神に亀裂が走り表面化し精神的にも無理がきかなくなってきます。
また、中年ゾーンに本格的に入り、中年ならではの、体臭・口臭・薄毛・EDなど悩みがつきません。

家のローン・車のローン・医療費・学費・ボーナスの減少・将来的な貯蓄への不安などお金の悩みは増幅する40代ですが、EDはカマグラなどで簡単に改善できます。この30代を気持ちよく乗り切るためにどうすればよいのか考えていきましょう

30代から気にしたい生活習慣病

まだ、30代だし生活習慣病がピンとこない男性も多いでしょうが、20代と同じ生活スタイルを続けていると 確実に生活習慣病の足音は近づくことになります。

昔とは違い、幼少のころから食生活が欧米スタイルになっている、30代の男性は、食生活が豊で、30代でも容易に生活習慣病にかかる可能性があるのです。

また、仕事でも20代の下っ端の立場から、ある程度の期待と立場を獲得しだす30代は仕事のストレスが溜まってくる年代でもあります。
さらに、結婚した男性の場合、昔と違いイクメンを求められ、稼ぐ要求だけでなく子育ての要求もみたし、良いパパになるための努力を求められる時代ですから、そのストレスは昔の人より過度でしょう。

本格的に生活習慣病が襲ってくる40代からきおつけたい病気・高血圧病・糖尿病にならないためにも、30代の生活習慣が非常に大事になってきます。

貧弱な体もスーツ次第でシャープに見える

男性の戦闘服として代表されるのがスーツですが、やはり安いスーツになると既成サイズのため体型に不釣り合いな場合があります。
しかし、 体型に合ったスーツを選べば着るだけで出来る男の印象を醸し出す事が出来まる便利さがスーツにはあります。

例えば太めの男性が体型を隠す為に大きめのサイズを選ぶのはNGです。
太めのスーツだと型が崩れて見えるためだらしなく見えます。

逆に貧弱な体型に見えがちな人はチャンス到来です。
今、まさに細マッチョブーム。
時間をかけて腹筋・背筋・胸筋・二の腕
時間をかけてゆっくりと鍛えてください。

そして選ぶスーツは肩幅で選んでくださいと言っても過言でないくらい、貧弱な体型の人には肩幅のサイズは大事です。
なぜなら狭くなったものが身体にフィットした印象を与え細身の身体によく映えます。
そして、色は膨張系のグレーやベージュから始めるのは無難でしょう

30代から始まる老眼

30代の男性に老眼と言ってもピンとこないかもしれませんが早い人は30代後半から老眼の初期症状が出ます。
まだ大丈夫と思っている方でも30代から溜め込む眼精疲労の結果が40代で始まる目の老化を加速させてしまいますので注意が必要です。

初期症状として、小さな文字にピンとが合いにくくなります。
文字と目の距離は、習慣になっていますので、いつもの距離で文字を見ると、一瞬ピンとが合わないことに首をかしげることがあるかもしれません。

それが、老眼が始まるサインですのでご注意ください。

30代の白髪対策

白髪になる時期は生まれた時から決まっていることはご存じですか?

これは生まれた時に、毛母細胞ので作られる色素の寿命が決まっていることから起こります。
だから、10代でも白髪になる人はなるのです。
そうは言っても、白髪は30歳後半くらいからちらほろ見えだす人が多い傾向があります。

これは、働きだしたことで始まる、環境ストレスが20代の男性ホルモンがまだ活発に分泌されているころは、男性ホルモンにストレスを抑制する効果があるため、 耐えられていたものが 男性ホルモンの減少がはじまる30代からストレスが徐々に溜り出すことで、毛髪の色素を作る寿命が縮んだことでもたらされた結果です。

一度白髪になると、色素を作り出す細胞が死亡しているので黒髪に再生することはほぼ不可能です。

日ごろのストレス発散が白髪予防になることを覚えておきましょう。

30代の薄毛対策

20代から危機感を感じていた人は特に30代から薄毛の危機感が実感に変わってくる時期です。
これは、男性ホルモン分泌ピークを過ぎ、30代から始まるホルモンの減少によって悩む症状の1つです。

薄毛の対策として、シャンプー・洗浄や、美容室でヘアエステなどを行い、毛穴に脂肪が溜まらないように気遣うようにしましょう。
30代から育毛剤で毛母細胞を活性化しておくほうが良いでしょう。

30 代からのEDによる男性不妊

不妊といえば女性側に何らかの問題があるものだと昔の人は考えていましたが、 最近では医療技術の発達により男性不妊といって男性側にも何らかの問題が生じているケースがあると認知されるようになってきました。

特に30代以上の不妊で悩む夫婦の場合、男性側のEDが不妊原因になっているケースがあります。
EDの原因は人それぞれですが、排卵日に性交渉をしなければならないというプレッシャーや、 肉体的または精神的な疲労やストレスにより精力が減退して勃起や射精が困難になってしまう場合などが原因として考えられます。
このような男性不妊で悩んでいる夫婦で、 将来的な妊娠を希望している場合は出来るだけ早い段階で専門クリニックを受診して適切な治療やカウンセリングを受けると良いでしょう。